離婚をする際、話し合いだけでスムーズに進めば、弁護士の世話になることはありません。おたがい納得の上、離婚届にサインすればそれだけで終了です。しかし、時としていずれかがどうしても納得出来ず、離婚の話が進まないケースもあるのです。こういった時は家庭裁判所に調停を持ち込みますが、それでも話がまとまらないことも多いためす。そんな時には、仕方が無いので弁護士に依頼し、裁判を起こすことになります。子供がいなくて、離婚の理由がおたがいの性格の不一致だけであれば、あまり揉めることはありません。子供の親権を争ったり、慰謝料に納得しなかったりする事に裁判になるケースが多いと思います。さて、弁護士を依頼する時とはいっても、はじめに様々な弁護士と相談することをお勧めします。知り合いの紹介だとしても、その人が自分にとって良い弁護士とは限りません。貴方の思いに共感して、一緒に戦ってくれるような弁護士でないと、高いお金だけ払って満足のいく結果が得られなかったと言うところもにもなりかねないでしょう。弁護士も人間ですから、考え方の相違もあるでしょうし、得意・不得意もあるでしょう。なので、弁護士選びはとても大事です。もちろん、弁護士を頼むとお金がかかるでしょう。着手金や報酬金はその弁護士によってはも様々ですが、あわせて50万から100万が一般的なに繋がるかもしれません。慰謝料の額によってはも、報酬金は変化するものです。裁判に負けても全くお金を払わなくて良いというわけではありません。話し合いや家庭裁判所の調停で、上手く離婚の話がまとまると良いですねねー